Tips

360°動画サイトを比較してみた

2017/11/24

360°動画専門サイトあれこれ


徐々に(?)盛り上がってきた360度動画! YouTubeでも続々360度の映像がアップロードされてきてますね~

どこで見れるの?という初心者の方向けに、360度動画が見れるサイトを勝手に比較してみました!!

 

 

 

360Channel

バラエティ、音楽、アニマル、体験、映画、トラベル、ドキュメンタリーという7つのチャンネルがあって、まるでテレビのようです。

タレントやアイドルが出演する360°バラエティー番組って新しいですよね!

山里コソ撮り王国#3〜トータルテンボス後編〜

 

爆笑しました(笑)

すべて360Channelが製作したオリジナル動画でエンタメ要素が強くて面白いものがたくさんあるのでハマるかも!

 

littlstar

世界初の360°動画専門プラットフォームで、日本版アプリもリリースされています。

数もかなりあるのですが、細かくカテゴリーに分けられていて、自分の好きな動画を見つけやすい!

ピックアップ動画を見ておけば間違いなしです!ユーザーは5GBまでの動画を投稿できます。

 

Google Spotlight Stories

360°の短い映画が見れます。ストーリーがある360°動画ってあんまりないので、嬉しいですね~。

VR対応の動画は7タイトルと数は少ないですが、VR映像作品で初めてアカデミー賞にノミネートした「Pearl」など、ハイクオリティで没入感を感じられる作品がそろってます。映画の中に入り込んだ感覚!すごーー!!

 

ハコスコストア

POLYSICSや水曜日のカンパネラ、青空エール、三月のライオンなど国内アーティストや映画などがチャンネルを開設し、オリジナルの360°コンテンツを配信しています。

 

飛ぶ!「3月のライオン」聖地巡礼VR

 

か、かみきくん!照れる!
話題性があって親しみやすさがあります!また、一般のユーザーでも500MBまでなら時間制限なく動画を投稿できるので、動画の数も豊富です。動画を販売・購入できる機能もあります。

 

パノミル

360°のなかに浮かぶ様々なアングルのサブスクリーンで、各アングルを同時に視聴することができる「Magic Vision」。

この「Magic Vision」をつかって、スポーツや音楽イベントの配信に力を入れているようです。まだまだコンテンツ数は少ないですが、新感覚のプロ野球観戦が体験できます!

 

VR CRUISE

Gear VRの動画視聴アプリです。初音ミク、ももクロ、超特急、倉木麻衣など国内アーティストの360°ライブ映像が見られます。動画数は20くらい。ん~~~~まあまあ、かなぁ…(笑)

 

JauntWithin

この2つは海外のサービスですが、クリエーターたちが制作した高画質な動画がたくさんあっておすすめです!

アニメーション、実写、ミュージックビデオ…いろいろあってどれも見たくなっちゃいます。

 

 

大手動画配信サービスYouTubeとvimeo比較してみた


大手動画配信サービス

YouTube

vimeo

 

を比較してみます。

 

360°動画の数

2015年より、360°動画の視聴・アップロードを可能にしたYouTubeは、今年360°動画に対応したvimeoに比べて、360°動画の数は圧倒的に多い!

 

360°動画のクオリティ

どちらも8Kまで対応していますが8Kのものってそんなに無いような…
vimeoといえばYouTubeより高画質でおしゃれな動画が多いイメージですよね?自作のオリジナル動画のみ投稿可能という規制があるので一定以上のクオリティが保たれているようです。今後もアート要素の強い360°動画が増えていくでしょう。
YouTubeは動画数が多い分、玉石混交って感じがします。

 

使いやすさ

使い慣れているということもあってYoutubeは使いやすいかもですが、操作性には大差ありません。vimeoはオフライン機能が!一度ダウンロードが完了すればストレスフリーです。通信量を気にせず見れますしね!
いろいろな360°動画サイトを比較してみましたが、360Channel、Jaunt、Google Spotlight Storiesは特におすすめしたいです。バラエティ、ミュージック、アニメなどいろんなジャンルの360°動画を網羅することができますよ!
360°動画専門サイトでなくてもYoutubeやVimeoで気軽に360°動画を楽しむこともできました( ^v^ )

(担当:山田)