Tips

LIVE in the DARK vol.5レポート ―THREE1989の音楽と美しい星空で宇宙旅行気分を味わった!―

2018/05/07

はじめに


4月20日(金)、コニカミノルタプラネタリウム“天空”(東京スカイツリータウンⓇ)にて「LIVE in the DARK vol.5」が開催されました!

 

前回ライブ「SPECIAL OTHERS ACOUSTIC」のレポートはこちらからどうぞ▶「LIVE in the DARK vol.4 –SPECIAL OTHERS ACOUSTICのプラネタリウムライブが凄かった!–

 

今回のアーティストは「THREE1989」。

 

THREE1989は、西暦1989年生まれの3人で構成されたエレクトロバンド。1970~80年代の音楽に影響を受けたという楽曲は、とてもポップでダンサブル。

ちなみに、ボーカルのShoheyさんは、現在「テラスハウス オープニング ニュードアーズ」に出演中です。(テラスハウス応募の理由は「良い曲をつくるため」。音楽に賭ける姿勢もグッときます。)

 

 

今回の会場の入口で、「THREE1989」ステッカーももらいました!かわいい!

 

 

セットリスト


演奏は全部で11曲。

 

1.High Times
2.mist
3.Ram Coke
4.UMBRELLA

-MC-
5.Don’t miss it
6.Bland New Love
7.APOLLO
8.Fly me to the moon(インタールード)
9.UNIVERSE

-MC-
10.涙のダンスフロア
11.Mr.Sunshine

 

ライブ後(4月25日)にリリースされた、2ndミニアルバム『JET BLUE』から、3曲も披露されました!

 

 

 

まるで「宇宙旅行」のようなライブ!


上演開始のアナウンスののち、ステージにキーボードのShimoさんが入場。キーボードのイントロにあわせ、メンバーが一人ずつ入場すると、会場は拍手に包まれました。

 

写真提供:コニカミノルタプラネタリウム

 

 

夕暮れをバックに、まずは1st Singleから「High Times」。楽曲演奏中も空は徐々に暮れていき、『Time Line』からの一曲、「mist」が演奏される頃には、すっかり一面の星空に。雨音から始まった楽曲「UMBRELLA」では、都会の夜景が映し出され、ドームを雨粒が覆います。

 

「本当にここでライブができてよかった!」というShoheyさんのMCを挟み、ラジオの音から「Don’t miss it」へ。この曲では、夜空に向かってドライブをしているような映像が上映されました。

 

写真提供:コニカミノルタプラネタリウム

 

「APOLLO」では月がミラーボールのように回転する、ディスコ調の映像が流れ、さながら気分は宇宙旅行…。

 

THREE1989の作り出す80’Sポップの空気感と美しい星空に洗脳され(?)、ラストの曲、「Mr.Sunshine」に合わせて、だんだんとドーム内の夜が明けるころには、「ああ…地球に帰ってきた…」という謎の安堵感がありました。(笑)

 

楽曲だけではなく、SEやMCでも宇宙という異世界にトリップできるような仕掛けをいくつも作ってくれたTHREE1989のライブ。閉演後のロビーでは、訪れた人が口々に感想を話している様子が見られ、ライブの興奮が伝わってきました。

 

 

 

 

姉妹イベント―「LIVE in the DARK -w/Quartet-」が今月25日からスタート!


ここまでご紹介してきた、星空と音楽を楽しむことができるイベント「LIVE in the DARK」から、毎週金曜日の夜に、弦楽四重奏の生演奏で楽しめるという、贅沢な派生企画がスタートします。その名も…「LIVE in the DARK -w/Quartet-」。

 

楽曲提供は、NHK BSプレミアム「ガウディの遺言」のテーマソングを手掛けるほか、nujabesとの共作「lamp」や奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」などが話題の音楽家、haruka nakamuraさん。

 

初回は5月25日(金)に開催されます!

 

キービジュアル提供:コニカミノルタプラネタリウム(ビジュアル制作:HERE.)

「LIVE in the DARK -w/Quartet-」は、マイクやスピーカーといった音響機器を一切使わずに、ありのままの“音”を楽しむライブイベント。

東京では普段体感することがない、真っ暗な環境で見る満天の星々。そして生の音楽。美しい星空の下で聞く弦楽四重奏を、ぜひぜひ体験してみていただきたいです!

 

ちなみに…なんと、初回ライブには無料招待枠があるそうです(驚)。

▶「haruka nakamuraの音楽×星空×暗闇、『LIVE in the DARK‐w/Quartet‐』に無料招待」(CINRA.NETのページへリンクします。)

 

公式リリース・予約はこちらからご確認ください!▶「LIVE in the DARK -w/Quartet-」(コニカミノルタプラネタリウム イベントページへリンクします。)

 

 

LIVE in the DARK vol.5 特別素材販売中!


そして今回も、Shout!360にて、「LIVE in the DARK vol.5」で使われた素材を販売しております!!

 

 

NeonGrid

Strings

NeonBricks

Connections

 

 

 

おわりに


アーティストによって全く異なる音楽体験ができる、「LIVE in the DARK」。メンバーと近い距離でライブを楽しむことができ、本当にプレミアムな気分を味わえるので、ぜひ皆さんも一度足を運んでみてください!

(今回のTHREE1989のアーバンな楽曲を聞きながら、満天の星々を見ることができて、本当に幸せでした…!)

(Shout!360運営スタッフ)